きび酢のストーリー

豊富なミネラル、ポリフェノールを含む、貴重な健康酢。それがきび酢です。

日本一の長寿の島々、奄美群島・加計呂麻島に江戸時代から伝わる伝統製法で作られているのが「かけろま きび酢」です。特徴はなんといっても豊富なミネラル、ポリフェノールの含有量。カリウム、カルシウムは米酢の約10倍、鉄分は約7倍、マグネシウムは約2倍と、他の穀物酢と比べてもダントツにミネラル含有量が豊富です。
逆にとり過ぎが気になるナトリウム(塩分)は2分の1程度。ポリフェノール含有量は、一般的な米酢、穀物酢の約5~10倍以上です。
「かけろま きび酢」は、これらミネラル、ポリフェノール、酢酸、糖分、天然のD-マンニトールなどが理想的なバランスで含まれ、そのうえナトリウムとカロリーが少ない、まさに貴重な健康酢なのです。

きび酢はミネラル含有量豊富!米酢と比べてカルシウム約10倍、カリウム約10倍、鉄約7倍、マグネシウム約2倍
(「五訂増補日本食品標準成分表」と日本食品分析センター調べ)

島の自然とさとうきびの関係。

この豊富なミネラルとポリフェノールの理由は、加計呂麻島の自然にありました。
加計呂麻島は珊瑚礁が豊富なことでも知られています。きび酢の材料である島の天然水は、珊瑚のカルシウムやミネラルが豊富にとけ込んだ非常に良質な天然のミネラルウォーター。さとうきびも、もちろんこのミネラルをたっぷり含んだ水を吸って成長します。 また、亜熱帯の加計呂麻島は、日射しの厳しさもかなりのもの。その日射しにさらされて育つさとうきびは、太陽に照らされて生じる活性酸素を除去するために、光合成を通じて自らの中に豊富なポリフェノールを作り出すと言われています。
亜熱帯の珊瑚礁の島だからできた、貴重な健康酢が「かけろま きび酢」です。

きび酢のポリフェノール含有量
(「五訂食品成分表」と日本食品分析センター調べ)

もうひとつの大切な材料は、島の空気。

きび酢の材料は、ミネラルとポリフェノールをたっぷり含んださとうきびと、ミネラルたっぷりの天然水。そして、忘れてはならないのが、島の空気です。
かけろまのきび酢は、全国でも珍しい「自然発酵」のお酢です。島の空気に含まれる「酢酸菌」と「酵母菌」が、さとうきびの絞り汁を煮つめた糖水に働いて、自然に発酵が始まります。不思議なことに、同じ材料を使っても、この島以外の場所で作ったきび酢では、天然の糖分など「かけろまきび酢」独特の成分が含まれないという報告があります。
まさに、「かけろまきび酢」は、島の自然だけが生み出すことの出来た、貴重な健康酢なのです。

長寿日本一の島。

加計呂麻島を含む奄美群島は、人口10万人あたりの100歳以上の高齢者の数が、全国平均の28.39人の約4倍の105人、長寿の県として知られる沖縄の60.8人よりも多く約1.7倍、まさに長寿日本一の島々です。鹿児島県はその長寿の秘密を調べるために「あまみ長寿・子宝プロジェクト」を行っています。近い将来、「島民の食生活=きび酢を日常的にとること」が長寿の大きな要因になっているのではないか、との研究成果が出ることが予想されます。

奄美における100歳以上長寿者の状況
(鹿児島県「あまみ長寿・子宝プロジェクト」調べ)

島民の知恵と自然が産んだ、貴重な健康酢。

さとうきびから出来る「黒糖」は江戸時代からその効用が知られ「薬糖」と呼ばれてきました。しかし黒糖は年貢米の代わりに藩に納めることが義務づけられ、島民の口に入ることは滅多になかったといいます。
きび酢の誕生には諸説ありますが、あるときその黒糖を作る大きな釜を洗うために水をはっておいたところ、自然に発酵がはじまりお酢ができたという説があります。黒糖は藩に納めてしまうけれど、島民はその「薬糖」の成分をもったお酢を作ることができた。以前は島の家々で独自のきび酢を作っていたというほど、きび酢は島民の生活に根ざした調味料だったのです。お酢としての使い方はもちろん、刺身の醤油代わりにしたり、水で割って清涼飲料としたり、島の食生活を支えてきたそのお酢が長寿日本一の島民を育んできたといえそうです。

島のたからものを、あなたに。

「かけろま きび酢」は、たった数軒の生産者がすべて手づくりで丁寧に作っています。添加物はもちろん、他のお酢を作るときに発酵を止めるために使用される「塩分」もほとんど使いません。手作業で刈り取ったさとうきびを絞り、絞り汁を煮詰めてあくを取ります。その作業を繰り返すこと数回。その後天然水で薄め、自然発酵がはじまります。そこからお酢になるまで1年。発酵が止まったお酢を、貯蔵庫でさらに1年熟成させて、はじめて出荷される「かけろまきび酢」。私たちの口に入るまで、さとうきびの栽培から 実に3年以上もの年月がついやされます。
こうして丁寧に、すべて手作業で完全無添加で作られたきび酢は、まろやかな口当たりと、ほのかな「黒砂糖」の甘さと香りが特徴です。長期間かけて熟成されるため、他のお酢によくある「ツン」とくる刺激臭もありません。1リットル作るのに3キロものさとうきびが必要とされる「かけろまきび酢」は、島の皆さんの情熱と愛情、そして島の自然があってはじめてうまれる貴重な健康酢=「島のたからもの」なのです。

ログイン

メールアドレス
パスワード

ようこそゲスト様

お買い物カゴ

商品数:
0
合計  :
0円

カレンダー

2018年8月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
              定休日